昨日は朝にスポーツ紙のスクープで日馬富士関の引退報道があって現実的になりまして午後から記者会見をしたがやはり毎日の様に報道されてたので精神的にやつれていたが今回の事件を重く見たのか横綱審議委員会からの引退勧告もあった事で決意はしたと思われてる。

このまま日本に留まる意思もあった事で日本在籍を取得する予定だったが今回の事件でこれも取得が不可能となりモンゴルに戻る公算もある。

日馬富士関は引退をして親方になって部屋を独立して弟子を育てたいとこうした夢もあったが今回の事件で全てが断たれてしまって失ったと言う事になるが責任も横綱のプライドもあった事で重い十字架を背負ったと言う事になる。

引退をしても事件の捜査は続いているが書類送検もあるのでいつ帰国の途につくのかわからない所ですが格闘技界では既にラブコールをしているのでこうした世界から勧誘しているのかどこで知ったのかアピールをしている。

同じ時に来月の大晦日に総合格闘技RIZINの記者会見をしていたが日馬富士関の引退した事でプロデューサーは参戦をしてほしいと猛アピールをしている。
騒動中に目をつけていたのか引退後はここでやらないのかと勧誘していた。

大相撲から格闘技に行った人もいるで試合に出でも面白いと感じると言うが格闘技などでは命がけでしなければならないと感じているがプロレスにも転身した力士もいるので変わらないと思われているかもしれないと言う事になる。

現在でも事件の捜査は続いている事で総合格闘技などの転身するのには時間がかかる可能性もあると言う事でプロデューサーには応えられない可能性があると言う事になるが被害者の示談が成立してから今後の事を考えるかもしれないが今は出来ないと思っている。

こうした事を知っていながらここで「やらないのか」とプロデューサーに呼びかけとはちょっと考えられないと思っているかもしれないと言う事になるのです。おすすめキャッシング